東京都豊島区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

1〜1/全1件

豊島区の矯正歯科や歯科医療における特徴

豊島区における歯科診療所数について、東京23区内や東京都にある市などと比較してみました。また人口10万人に対する歯科診療所数についても、東京23区内全体と比較しました。豊島区内には歯学部がある大学はありませんが、隣接する文京区に東京医科歯科大学歯学部附属病院があります。ここでは東京医科歯科大学歯学部附属病院について取り上げました。地域包括ケアシステムでは口腔内機能管理の重要性が指摘されているため、今回は歯科医療の役割について紹介します。

豊島区における歯科診療所数

東京23区の西部にある豊島区における歯科診療所数は314施設あります。東京23区全体の歯科診療所数が8280施設あることから、豊島区が占める割合は約3.8%となっています。因みに歯科診療所数では豊島区は23区中14番目にがランクインしています。また東京都にある市と比較すると八王子市の282施設よりも多いです。更に全国と比較すると福井県の292施設よりも若干多くなっています。 また豊島区の人口は291167人であり、人口10万人に対する歯科診療所数は107.9施設です。一方東京23区全体の人口が9272740人、歯科診療所数が8280施設なので、人口10万人に対する歯科診療所数は89.3施設です。このように豊島区の歯科診療所数は東京23区内で14番目ですが、人口に対する歯科診療所数で見ると平均より高い水準です。つまり豊島区は矯正歯科などの歯科治療施設が整っているといえます。 出典:厚生労働省・ホームメイトマーケティングリサーチ市場調査

豊島区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

豊島区には数多くの大学のキャンパスがありますが、残念ながら歯学部を設置している大学はありません。そのため、豊島区内には歯学部付属病院は存在しません。ただし、隣接する文京区に東京医科歯科大学歯学部附属病院があります。最寄り駅は地下鉄丸ノ内線の御茶ノ水駅であり、豊島区の中心地である池袋駅から乗り換えなしでアクセスできます。 東京医科歯科大学歯学部附属病院では患者の多様なニーズに応えるため、スポーツ歯科外来など新しい専門外来を設置しています。もちろん小児歯科外来や矯正歯科外来など、従来からある診療科も受け付けています。また最先端の歯科医療を取り入れるために、2015年には先端歯科診療センターを発足させました。入院病棟も60床用意していて、インプラント手術など入院を伴う様々な手術を担ってます。入院病棟では歯科医師だけでなく、歯科技工士や看護師など様々な医療スタッフと連携を取ってチーム医療を行っています。 出典:日本歯科医師会

豊島区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

豊島区の地域包括ケアシステムでは、地域の多様な担い手によるサービスや介護保険などの公的なサービスを組み合わせることで、総合的な支援体制を構築することを目指しています。このシステムを構築させるためには、医療と介護の連携が欠かせません。日常の医療ではかかりつけ医やかかりつけ歯科医が果たす役割が大きいです。特に歯科医療では、矯正歯科など口腔機能の管理を継続して行う必要があります。 近年では口腔ケアと誤嚥性肺炎の関連性や、口腔と全身状態の関連性が指摘されているため、歯科医療における口腔機能の管理は重要性を増しています。つまり高齢者の健康維持のためには、医療職や介護職やリハビリ職などそれぞれの専門職が連携を密にしなければなりません。そのためにはそれぞれの専門職同士で情報共有することが大切ですが、それをサポートするために情報共有シートや地域連携パスなどの活用が広まってきています。更にはこれらのツールを在宅での看取りや急変時に活用する動きも出ています。 出典:厚生労働省