東京都品川区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

1〜1/全1件

品川区の矯正歯科や歯科医療における特徴

矯正歯科とは、歯並びが悪い状態をきちんと噛み合うようにして、キレイな口元にする歯科治療です。品川区にも数多くの矯正歯科があり、それぞれに特徴のある治療を行なっています。地域の歯科医院だけではなく、歯科大学の病院ではさまざまな歯科治療があり、美容や高齢者専用など内容も診療科ごとに特徴的です。高齢化に伴う、歯科医療のあり方も重要になってきて、地域と連携をして、認知症対策にも口腔内治療が行われています。

品川区における歯科診療所数

東京都内の歯科診療所の数は1万施設を超え、関東の他県と比較すると、神奈川県の約5千施設や千葉県、埼玉県の3千施設あまりの数よりも倍以上になります。その中で、人口38万人を超える品川区には、一般世帯数が約21万世帯のうち、高齢者夫婦の世帯数が約1万3千世帯、高齢者が単身で暮らす世帯数が2万2千世帯を超えています。23区の中でも中央区などのビジネス街よりも高齢者の世帯が多いことから、一般の診療所数は417施設、そのうち歯科診療所の数が346施設と比較的多いです。矯正歯科は64施設あり、高齢者が通院しやすいような、駅から徒歩圏内の施設がほぼ大半を占めています。突然の歯の痛みや疾患による症状にも、すぐに対応してくれる診療所もあり便利です。また、仕事帰りの人も多いことから、夜遅くまで診療している施設もあり、矯正歯科の他にも小児歯科、歯科口腔外科などさまざまな年齢層や治療法に対応した歯科診療所が数多くあります。

品川区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

品川区から最も近い歯科大学は、目黒区や世田谷区の境界に位置する大田区に、昭和大学歯科病院があります。矯正歯科は、早く、痛くなく行い、さらに正確さをモットーにし、不自然な位置にある歯や顎の骨を整えて噛み合わせを良くして、バランスの取れた口元にすることを目的としています。矯正歯科の他にも、高齢者や障害者を対象とした歯科などがあるのが特徴です。歯科にもさまざまな診療科があり、地域連携歯科は、重い病気を抱えた状態で歯科治療を希望する人を、地域の歯科医院と連携して治療に関する悩みを解消します。地域の歯科医院では治療が困難な患者を受け入れ、安全な治療をするのが目的です。また、総合診療歯科では、症状や治療目的によって、どこの歯科に行けば良いのかわからない患者のために、自覚している疾患を治療するだけではなく、口の中を全体的に診てもらえます。美容歯科もあり、個室診療室でカウンセリングを行ってから治療を始めるので、患者のニーズに沿った診療を行なってくれるのが特徴です。

品川区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

日本の高齢化が進んでいることにより、介護が必要になってきても住みなれた環境で暮らせるよう、医療や介護などの生活支援が包括的に確保される体制の構築を、品川区でも行なっていかなければなりません。この地域包括ケアシステムにおける歯科医療の役割も重要になってきます。高齢者のための在宅療養に歯科関連事業の実施、歯科医療機関との連携を充実させるのが必要です。在宅療養を行なっている高齢者にも、矯正歯科の訪問看護を行うなどをして、在宅での歯科診療、歯科検診を行うようにしなければなりません。高齢者の認知症対策を強化するためにも、歯科医療や薬剤師の認知症対応力の向上が望まれます。地域包括支援センターでは、歯科医師との連携をはかり介護老人福祉施設や訪問看護ステーションで、歯科治療や専門的な口腔ケアを行うように努めています。認知症の容体に応じた適切な医療・介護サービスを提供することで、早期発見・早期治療に努めていくことが歯科医療の役割となるのです。