東京都渋谷区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

1〜4/全4件

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

2018年7月に渋谷にて開院しました、渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科といいます。 医院の場所は渋谷駅10番出口より徒歩1分と交通…

インビザライン(マウスピース矯正)

その他のマウスピース矯正

表側矯正(ブラケット矯正)

クリアブラケット

小児矯正

スピード矯正

アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿

東京都渋谷区恵比寿西1-4-1 VANDAビル2階

きれいな歯並びで質の高い生活を送りませんか? 当院では、できるだけ歯を抜かない治療方針のもと、矯正治療を行っています。 …

インビザライン(マウスピース矯正)

その他のマウスピース矯正

表側矯正(ブラケット矯正)

クリアブラケット

部分矯正

ブライダル矯正

矯正歯科 渋谷 スマイルコンセプト

東京都渋谷区渋谷1-14-14 TK渋谷東口ビル7F

「キレイになりたい!」を叶えるための矯正歯科 素敵なスマイルは、素敵な未来の第一歩 矯正歯科スマイルコンセプトは、渋…

インビザライン(マウスピース矯正)

クリアブラケット

セルフライゲーションブラケット

小児矯正

その他のマウスピース矯正

インプラント矯正

サンプル@INFORMATION矯正歯科

東京都渋谷区東2-16-4プルミエ3F

ドクターからのメッセージですドクターからのメッセージですドクターからのメッセージです。 ドクターからのメッセージですド…

表側矯正(ブラケット矯正)

ハーフリンガル矯正

クリアブラケット

裏側矯正

セルフライゲーションブラケット

キッズスペース

渋谷区の矯正歯科や歯科医療における特徴

超高齢化社会のピークを迎えようとしている日本は、超高齢化社会に対応する為に全国に存在する高次医療機関と、一次医療の基本となる各地の町医者等のかかりつけ医との連携を緊密にするシステムを構築しようとしています。 今回は渋谷区における歯科診療所の設置数や、渋谷区の周辺に存在する区の診療所の設置数及びその特徴や、渋谷区やその周辺に存在している歯科大学病院等の高次医療機関の数やその病院ごとの特徴を紹介していきます。

渋谷区における歯科診療所数

東京都23区の人口は合計で9272740人であり、存在している歯科診療所の合計数は矯正歯科も含めると8280施設となります。このうち渋谷区の人口は224533人、歯科診療所数は418施設となります。渋谷区に隣接している主要な区の内訳を見ると、港区は人口243283人、歯科診療所は583施設、新宿区は人口333560人、歯科診療所427施設、品川区は人口386855人、歯科診療所346施設、世田谷区は人口900346人、歯科診療所742施設です。 渋谷区は、主要な周辺区と比較をすると歯科診療所の施設の数がやや少ないですが、単純な人口数ではなく世帯数での比較を行ってみると渋谷区は135520世帯、港区は130487世帯、新宿区204547世帯、品川区212286世帯、世田谷区463351世帯となり、歯科診療所の施設数は、概ね各区の世帯数と比例して設置されているといえます。※人口・世帯数の数値はマーケティングリサーチ市場データから引用

渋谷区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

渋谷区には、矯正歯科も含む大学付属病院が1件存在し、渋谷区の周辺に存在する千代田区にも大学付属の病院が3件存在しています。渋谷区の歯科病院は代々木駅近辺に存在し、虫歯の治療や歯周病の治療、矯正等の一般的な治療の他に、高度先進医療を取り入れた専門外来としてインプラントや審美歯科、歯周病科の3つの診療科を併設し、患者のニーズに幅広く応えることが出来る態勢を整えています。この渋谷区の大学附属病院は、患者のプライバシーの尊重の為、基本的な診療は個室で行う等の配慮がなされているのも特徴の一つです。 千代田区にある3つの大学付属の歯科病院についても、放射線を利用した治療や、治療時、治療後の痛みを緩和する為のペインクリニック、スポーツを日常的に行っている患者が虫歯等の治療を行う時において、治療後に運動能力の低下を起こさないケアを行う健康スポーツ歯科等の独自の特徴を有しています。※渋谷区及び渋谷区周辺の大学付属病院の数値は日本歯科医師会ホームページより引用

渋谷区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

現在日本は、全国的に75歳以上の高齢者が増加傾向となっている超高齢化社会の時代に突入している状態です。そのため認知症高齢者や介護が必要な方々が、矯正歯科を含む歯科診療をスムーズに受診することが出来る「地域包括ケアシステム」を、日本人の5人に1人が75歳以上と高齢化のピークを迎える2025年を目途に構築する事を予定しています。 この地域包括ケアシステムとは、認知症や要介護認定をされている方々の意思を尊重し、適切な歯科診療を住み慣れた地域で受診してもらうことや、その方々の虫歯などの症状の早期発見及び早期治療をするため、大学病院とかかりつけ医の連携の強化を目指すシステムです。このシステムは認知症や要介護の方々の中でも、歯科診療所に通院することが難しい方向けに、在宅での治療も行うことが可能です。 渋谷区でもこの地域包括ケアシステムに対応するために、港区、目黒区、世田谷区をはじめとする14区4市と連携をし、各地域の歯科診療機関から歯科大学病院等の高次医療機関へ、患者をスムーズに引き渡す事が可能なシステムを構築しています。