東京都目黒区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

0〜0/全0件

該当する医院がありません

目黒区の矯正歯科や歯科医療における特徴

生活していく上で必要不可欠な歯。近年では子供の頃から矯正を行い、綺麗で歯並びの良い歯にするなど、日本の歯に対する意識が上がってきています。歯並びが悪かったり、虫歯や歯周病などになると歯以外でのトラブルも。大人になるにつれ、仕事などで時間がなかなか確保できず、歯のケアを怠ってしまう方もいるのではないでしょうか。 今回は、そんな歯を治療、矯正する歯科や、歯科医療に関する情報を目黒区に焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

目黒区における歯科診療所数

人口が27万人の目黒区にある矯正歯科の数は282施設あります。一般診療所の数が307施設あるので、一般の診療所と大差がない数の歯科診療所が存在します。隣の区である品川区では人口が38万人で、一般診療所の数が417施設、歯科診療所の数が346施設なので、他の区と比べて一般診療所との差があまりないことから、数多くの歯科診療所が存在していることが伺えます。これは人口に対する診療所の数としては充分な数と言えると思います。 目黒区での就業者数は12万人、人口の27万人と合わせても品川区ほどの人数ですので、歯科診療所に困ることはないと言えます。(出典:ホームメイト) 都道府県全体で比べてみますと、東京全体の歯科診療所の数は10652施設、北海道だと大きく減り2965施設、隣県の千葉県では3265施設と、やはり東京の歯科診療所の数が他の都道府県に比べて圧倒的に多いことがわかると思います。人口比率を考えれば当然のことかもしれませんが、これだけあれば安心できるでしょう。

目黒区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

矯正歯科をお探しの際、歯科大学が思い浮かぶ方もいると思います。目黒区にお住いの方も例外ではないでしょう。 残念ながら目黒区内には歯科大学は存在しません。ですが隣の区の渋谷区代々木に、明海大学PDI東京診療所という歯科大学の病院があります。この明海大学PDI診療所は千葉県浦安市などにも診療所を置いている大きな診療所です。医療センターに関しては、東京にはありません。 目黒区に隣接している大学、歯科大学の病院・医療センターについてご紹介しましたが、歯科大学のメリットとして、一般的な開業歯科医院では難しい高額な診療設備が整っている場合が基本です。歯科大学だと入院設備が整っているので、通常の診療所では複数回に分けて通わなければならない治療も1日で終わらせることが可能になったりなど、歯科大学にしかない特徴があります。また、大学施設内に他の診療科が併設されている所もある為、大きな治療やリスクのかかる治療による万が一の場合にも早急に対応することができます。

目黒区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

地域包括ケアシステムという体制における歯科医療の役割についてご紹介します。 まず、地域包括ケアシステムとはなにかについてですが、高齢化社会である日本において、2025年を目途として、高齢者の自立生活の支援や尊厳の保護を念頭に置き、できる限り住み慣れた場所で自分らしい暮らしを生涯にわたり続けることができるように、地域の包括的な支援やサービスの提供体制を作るというものです。(出典:ケアプランのイーライフ) これは厚生労働省が国単位で行なっているものなので、目黒区も例外ではありません。 歯科医療の役割については、歯科医師、薬剤師の認知症の対応力を向上させ、早期発見に結びつけるなど、歯科診療所が行えることを増やし、より高齢者が生活しやすい環境を作っています。 また、在宅での訪問治療では歯科診療所等が訪問し、治療することによって、外に出ることが困難になった高齢者の方がより手軽に矯正歯科やその他の治療を受けられることが可能になります。