東京都江東区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

0〜0/全0件

該当する医院がありません

江東区の矯正歯科や歯科医療における特徴

皆さんは口内環境を整えることの重要性について考えたことはあるでしょうか。特に高齢者においては歯の疾患が元で他の疾患を発症させてしまうリスクが高まってしまうのです。そのため、近年は地方自治体の行政も歯科医院の充実に力を注いでいます。今回は江東区の歯科医院の充実度や、江東区における歯科大学病院のような大きな歯科病院の有無やその特徴、江東区としての歯科医療の取り組みについて調査してみましたので参考にしてください。

江東区における歯科診療所数

江東区の中には歯科、内科、外科、薬局など全ての医療機関を全て合わせると844件の医療機関があります。(出典:病院ナビ)その中に含まれる歯科の数は275件で全体の約33%を占めています。その歯科の中でも矯正歯科を実施している歯科は173件で、全体の歯科の63%を占めていることとなります。他の区と比較すると歯科の占める割合が高い上、特に矯正歯科を実施している歯科の割合が高いことがわかります。 一方、江東区の人口は約49万人です。(出典:江東区公式HP)そのため、1件の歯科が担当する患者の人数は単純計算にて1781人で、矯正歯科1件が担当する患者の人数は2832人となります。このデータを参照すると他の区域や都道府県と比較すると比較的歯科が充実していることがわかりますが、まだ足りているとは言えない状況です。江東区の歯科ではほとんどが電話予約やネット予約を導入しているため待ち時間も15分程度と短いのが特徴です。

江東区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

残念なことに江東区の中には、歯科大学が存在しておらず、大学病院のような大きな歯科診療所がないのが現状です。比較的近い歯科大学としては千代田区の三崎町に「東京歯科大学水道橋病院」、千代田区の富士見町に「日本歯科大学附属病院」、千代田区の神田駿河台に「日本大学歯学部付属歯科病院」があります。 東京歯科大学水道橋病院は、最も歴史のある大学病院で歯科大学としては最初に誕生した歯科大学の附属病院となっています。創立は1890年のことで128年の歴史があります。この病院は思いやりの心による医療を心がけています。 日本歯科大学附属病院は、専門性を集約したチーム医療を実践している病院です。診療科としては総合診療科や小児歯科、矯正歯科など多数の診療科がありそれぞれの連携が取れています。 日本大学歯学部付属歯科病院は、90年以上の歴史のある病院で、歯科用ユニットが180台もあり一度にたくさんの患者を診られる事が特徴となっています。

江東区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

江東区の地域包括ケアシステムは、ともに支え合い健やかに生き生きと暮らせる地域社会の実現を基本理念として運営されています。特に住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができる仕組み作りや、生活支援・介護予防サービスの充実、高齢者の社会参加の促進と生きがいづくり、高齢者施設の計画的な整備と福祉のまちづくりなどが目標とされています。特に歯科医については、介護サービス団体と、介護予防団体、生活支援団体などと連携を取りながら治療ができるサービスを整えています。特に歯科部門では、在宅医療が行える体制を整えていて、自宅に出張して虫歯治療や矯正歯科などを実施できる医師の育成に力を入れています。また、在宅医療を実施していることを区民に周知させるために「江東区在宅療養ガイドブック」を作成して配布しています。なお、江東区では高齢者一人一人の健康状態を管理するためにかかりつけ医を持つことを推奨しています。歯科については定期的に歯科医が訪問して歯のチェックをすることも検討されています。