東京都葛飾区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

0〜0/全0件

該当する医院がありません

葛飾区の矯正歯科や歯科医療における特徴

葛飾区における歯科診療所数について、東京都全体や東京23区内と比較してみました。更に人口に対する歯科診療所数についても、全国規模でどれくらいの水準にあるかをチェックしました。 現在、葛飾区内には歯学部付属病院は存在しません。そのため、葛飾区近隣で開設する歯学部付属病院の情報について取り上げました。 また地域包括ケアシステムにおける歯科医療の役割や、地域包括支援センターへの参画の重要性についてピックアップします。

葛飾区における歯科診療所数

葛飾区における矯正歯科を含めた歯科診療所数は268施設であり、この値は島根県の271施設とほぼ同数となってます。東京都全体の歯科診療所数は10652施設であることから、葛飾区のそれは東京都全体の約2.5%を占めています。更に東京23区の歯科診療所数は8280施設であり、東京23区内で見ると葛飾区が占める割合は約3.2%です。 ところで葛飾区の人口は442913人であり、人口10万人当たりにおける歯科診療所数は60.5施設です。また東京都全体の人口10万人当たりにおける歯科診療所数は79施設であり、これと比較してみると葛飾区の人口に対する歯科診療所数はやや少なめです。しかし全国規模でチェックすると、第2位である大阪府の62.3施設と第3位である福岡県の60.3施設の間に位置することから、葛飾区の人口に対する診療所数は比較的高い水準にあるといえます。 出典:厚生労働省・ホームメイトマーケティングリサーチ市場調査

葛飾区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

葛飾区内には歯学部がある大学がないため、歯学部附属病院は存在しません。しかし葛飾区と隣接する千葉県松戸市には、日本大学松戸歯学部付属病院があります。最寄り駅はJR線の松戸駅であり、葛飾区内にある亀有駅から2駅でアクセスできます。 日本大学松戸歯学部付属病院は1971年に開設され、以来地域の歯科医療に貢献してきました。病院では虫歯や歯周病などの一般歯科治療の他に矯正歯科や特殊歯科など、総合的な歯科医療を実現させていて専門性の高い診療を提供しています。また、内科や脳神経外科などの医科と連携した治療も行います。病院では顎脳機能センターを設けて、頭やあごや顔の包括的な医療を提供します。最新の医療機器を積極的に取り入れていて、2016年にはマイクロスコープ特診外来をスタートさせました。これにより肉眼では見えなかった部位を治療することが可能となりました。 もちろん歯科医師だけではなく看護師や歯科衛生士、歯科技工士など他職種の人たちが連携して患者の治療をサポートします。 出典:日本歯科医師会

葛飾区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

高齢者の地域包括ケアシステムの構築は葛飾区に限ったことではなく、東京都や国全体を挙げて取り組む課題です。地域包括ケアシステムにおいて矯正歯科を含めた歯科医療の分野では、高齢者の口腔機能の管理が求められます。口腔内の衛生状態を保つことで、継続的な経口摂取を実現させます。経口摂取は健康に良い影響を与えるだけでなく、人生の楽しみにもつながります。 地域包括ケアシステムを推進するためには、切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制を整えることが重要です。そのために歯科医療分野では、デイサービスやデイケアでの訪問歯科診療の提供を行うことがポイントとなります。更には地域包括支援センターへ歯科衛生士が参画することも必要です。そこで多職種協働による協議を行い、ケアプランの実行や評価や見直しを行っていきます。そうすることで高齢者のQOL向上につながります。このように地域包括支援センターでは、地域のネットワーク構築やケアマネジメント支援、地域課題の把握などを推進します。 出典:厚生労働省