東京都江戸川区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

1〜1/全1件

医療法人社団エース アルファー歯科

東京都江戸川区平井5-23-2

東京都江戸川区平井のアルファ―歯科です。 当院では見えない矯正のマウスピース矯正(インビザライン)に力を入れており、歯科用…

インビザライン(マウスピース矯正)

その他のマウスピース矯正

裏側矯正

表側矯正(ブラケット矯正)

クリアブラケット

小児矯正

江戸川区の矯正歯科や歯科医療における特徴

江戸川区では「住民に優しい街づくり」というスローガンをモットーにさまざまなサービスに注力。特に高齢者や子供たちといった生活弱者と呼ばれる人へのサポート体制の充実ぶりには定評があります。医療面においても、例外ではなく歯の健康への取り組みにも多くの予算を充てています。 区内に位置する歯科医院やクリニックの数は、約360箇所(出典:厚生労働省)とまずまずの多さです。そして、近隣エリアには歯学部病院や医療センターなども点在しています。

江戸川区における歯科診療所数

江戸川区は、一般世帯の総数がおよそ31万世帯にのぼるとされており、その数の多さは23区内でも上位にランクインしています。そのうち65歳以上の高齢のみの世帯が約2万4千世帯もあるとされ、大きな課題として取り上げられます。高齢化率も高止まり傾向が続くなどと予測されているため、歯科診療の充実に向けた取り組みが行われています。 そんな江戸川区では、医療サービスについても充実しており、高齢者だけではなく小さな子供を持つ世帯にも安心感を与えている環境にあります。江戸川区の人口はおよそ68万人で23区内では4番目に多く、その数は増加傾向が見られます。歯科医院やクリニックなどの歯科医療機関の数は、およそ360箇所にのぼっており、そのうち矯正歯科をメインにする歯科診療機関は50箇所あります。人口10万人当たりの診療機関の数は、約53箇所となり、ほぼ全国平均と同程度ですので、江戸川区は「歯の健康」への意識が高い人にも望ましい環境といえます。出典:厚生労働省

江戸川区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

江戸川区内に住む人が、歯科大学や歯学部病院、医療センターなどの規模の大きな歯科診療機関を受診することも容易です。江戸川区には、そのような大規模の歯科診療機関はありませんが、近いエリアでは日本大学歯学部付属歯科病院や明海大学PDI東京診療所、東京医科歯科大学歯学部附属病院などがあります。いずれの機関も矯正歯科を含め、最新鋭の医療機器設備を持っていますので、歯の健康にまつわることなら原則として何でも対処できるといえるでしょう。 とりわけ、矯正歯科については早い段階から専門医のいる歯科診療機関を受診することが重要です。可能であれば、永久歯に生え変わる段階での着手が理想的とされています。むろん、通常規模の歯科医院やクリニックでも診察や治療を受けることはできますが、歯科大学や歯学部病院、医療センターなどに在籍する専門医に診てもらうことが、より望ましいです。また、矯正歯科以外にもインプラント治療やホワイトニングなどの審美歯科についても同様のことがいえます。

江戸川区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

江戸川区における人口構成は、他の自治体と比較した場合には、より望ましい形といわれてきました。自治体が主導的に行う行政サービスが魅力的だとして若い世代の人口数も着実に増加してきたことが背景です。しかしながら、そんな江戸川区でも高齢化率が高くなってきており、その状況は続くことが予想されています。 そんな厳しい状況が予想される江戸川区では、地域包括ケアシステムや医療連携を強化することにも活路を見いだそうとしているのです。具体的な取り組みとして注目されているのが、夜間休日365日体制の急病診療所の開設などが挙げられます。急な体調不良や不慮の事故などに見舞われた場合にも、速やかに診療機関に診てもらえるという画期的なシステムであり、その中には矯正歯科も含まれています。 このような地域包括ケアシステムや医療連携の流れは、江戸川区以外の自治体でも盛んに行われており、関心が増しています。在宅医療や在宅介護、訪問医療などを行う事業所との情報共有や個人情報の管理の仕方など課題は山積していますが、進めていかなければならないことです。