東京都中央区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

1〜1/全1件

医療法人社団真美会 銀座矯正歯科

東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアビルⅡ 6F

当院の院長、深澤はニューヨーク大学矯正学講師、アメリカインディアナ州立大学講師、セブ医科大学客員教授の為、様々な国にて…

インビザライン(マウスピース矯正)

その他のマウスピース矯正

裏側矯正

表側矯正(ブラケット矯正)

クリアブラケット

ハーフリンガル矯正

中央区の矯正歯科や歯科医療における特徴

中央区の人口や世帯数、世帯数の中の高齢夫婦世帯や単身高齢世帯、それに対応する歯科診療所の数、そして中央区に隣接する区との様々な数字の比較を行います。 次に中央区又は中央区近辺に存在する大学病院等の紹介及びその病院で提供されている高次な歯科医療を紹介し、日本が国家として超高齢化社会に対応するためにどのような対策を行っているのか、その中で中央区はどのような役割を担っているのか、歯科医療はその対策の中でどのような役割を担っているのかを説明します。

中央区における歯科診療所数

中央区の人口数は717082名、一般世帯数は370374世帯、そのうち夫又は妻が60歳以上の高齢夫婦世帯は26937世帯、60歳以上の独り暮らしの方が該当する高齢単身世帯は41901世帯、そして矯正歯科等の一般診療を受診できる歯科診療所は556施設です。 中央区と隣接している千代田区は人口58406人、一般世帯数、高齢夫婦世帯、高齢単身世帯はそれぞれ33201世帯、1777世帯、3166世帯となり、歯科診療所は346施設です。同じく中央区と隣接する墨田区は256274人、一般世帯数は130678世帯、高齢夫婦世帯は9375世帯、高齢単身世帯は15257世帯であり、歯科診療所は188施設となります。 千代田区は区の大半がオフィスや官公庁で占められている為、昼間の人口は約85万人にも達します。千代田区の昼間人口を踏まえて中央区と、中央区に隣接する千代田区、墨田区の各種データを比較すると、中央区の診療所数は平均的な数を有していると言えます。※各種数値は市場調査データより

中央区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

中央区には、一般診療を受診できる歯科診療所は多くありますが、更に高次な治療を受けることが出来る歯科大学の病院や医療センターは存在していないのです。しかし、隣接する千代田区には歯科大学病院、大学付属病院等の3院が存在しています。 歯科大学病院には、小児科や矯正歯科等の一般診療の他に、喫煙により歯茎の位置が下がってしまい歯の神経が剥き出しになってしまった場合に、薬剤等の使用により禁煙を促し歯茎の健康を取り戻す禁煙外来や、歯の神経が傷ついてしまった時などに治療を行える神経修復外来などの専門外来があります。 大学付属病院においては、各種の一般診療の他に、歯の各種の疾患の症状に精神的な問題が疑われる場合において、心のケアをはじめとして各種の治療を行う心療歯科診療センターが専門外来で受診可能です。 この他にも大学病院では、歯科診療を受けることが困難な方々でも受診することができる、スペシャルニーズ歯科センター等、様々な高次医療を受けることが可能となっています。※大学病院等の情報は日本歯科医師会HPより

中央区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

日本では、2025年までに75歳以上の後期高齢者が日本の総人口の2割にまで到達することを踏まえて一般の高齢者や各種の障がいを有する要介護の高齢者、認知症の高齢者のケアを十分なものにするために、国が定めた従来のケアシステムを見直し、新たに地域包括ケアシステムを構築しようとしています。 高齢者の死亡原因の一つに誤嚥性肺炎という病気が存在しますが、これは高齢者の方の歯の健康状態と密接に関係していることが医学的に証明されています。 その為虫歯や歯茎の炎症の治療や予防を行う一般歯科や、歯並びを矯正し口腔内の清潔さを保つ矯正歯科等の歯科診療は、国家が推進する地域包括ケアシステムの中でも、病気の予防という観点から非常に重要な役割を有しているのです。 中央区では、様々な事情により虫歯の予防や治療、口腔内のケアの為に通院することが困難な患者でも、歯科医療のサービスを享受出来るようにするために、地域包括ケアシステムに参加し同区に存在する歯科診療所と、他の区に存在する大学病院との連携の強化に努めています。※情報は厚生労働省HPより