東京都荒川区の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

0〜0/全0件

該当する医院がありません

荒川区の矯正歯科や歯科医療における特徴

近年、地方自治体の行政も歯科医院の充実に力を入れています。なぜなら、歯の健康状態が悪いと他の体の疾患につながる可能性が大きいからです。今回は荒川区に関する歯科医院の充実度や大学病院などが運営する大きな歯科病院の有無やその特徴、行政の歯科に関する取り組みなどについて調査してみました。荒川区に住んでいる人や、これから荒川区に住もうとしている人にとっては興味深い記事となっていますので、是非、参考にしてください。

荒川区における歯科診療所数

荒川区の中には外科や内科、歯科、薬局など全ての医療機関を合わせると、412件の医療機関があります。その中でも約31%に当たる127件が歯科となっていて、全歯科の中の約47%に当たる60件が矯正歯科を実施している歯科となります。医療機関の中の歯科の占める割合は他の区域と比較すると高めになっていて、矯正歯科の割合も多くなっています。(出典:病院ナビ) 一方、荒川区の人口は約21万人となっています(出典:荒川区公式ホームページ)そのため、1件あたりの歯科が担当する患者の人数は1653名で、矯正歯科1件あたりが担当する患者の人数は約3500人となります。このデータは他の区域と比較すると比較的充実している数値ですが、それでも足りているとは言えない状況です。荒川区の歯科医院の特徴としては、平日に休診日を設ける代わりに土曜日に終日診療しているところが多いです。また、ほとんどの歯科医院が予約制をとっていますので待ち時間も少ない傾向です。

荒川区に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

荒川区の中には歯科に関する大学病院はありません。比較的近くの区の大学病院を探してみると千代田区に「東京歯科大学水道橋病院」と「日本歯科大学附属病院」、「日本大学歯学部付属歯科病院」があります。 東京歯科大学水道橋病院は、日本で最初に設立された歯科大学の付属病院で1890年から診療している歴史のある病院です。野口英世との関わりもあり名門の病院と言えます。診療科については、小児歯科や健康スポーツ歯科、矯正歯科などがあり他にもインプラント科などもあります。 日本歯科大学附属病院は、高度な医療技術を持っている歯科医が患者に対してわかりやすい説明をしてくれながら、的確な治療をすることを基本姿勢としている病院です。この病院も1907年から開設している歴史のある病院です。 日本大学歯学部付属歯科病院は、最新の医療設備を持ち高い医療水準を誇る日本でも有数な総合的な歯科病院となっています。虫歯、歯周病の治療から矯正歯科まで受けられます。

荒川区の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

荒川区では地域包括ケアシステムを進化・推進するために「荒川区高齢者プラン」を策定しています。基本方針としては、高齢者の社会参加の促進と生活支援の推進・介護予防と重症化予防の推進・介護サービスの充実・高齢者の住まいの確保・在宅医療・介護・福祉の連携推進となっています。特に歯科医療については、自宅にて虫歯治療や矯正歯科が受けられるように在宅医療の充実に力を入れています。また、虫歯予防のために定期的に高齢者の自宅にて歯の定期検診を受けられる体制も整えつつあります。荒川区では、在宅医療を充実させるために定期的に在宅療養連携推進会議を開催して、医師会、歯科医師会、薬剤師会、介護事業者、行政などの関係者が現状の課題について共通認識に立った上で、施策を検討しています。また、荒川区では、地域包括ケアシステムの実現のために地域住民やボランティアなども含めたくさんの地域に人々の力も借りて協力体制を整えています。