群馬県の資格保有ドクターがいる矯正歯科医院

【重要!】セカンドオピニオンを聞いていますか?

歯列矯正は一生に一度の大事な治療です。
治療法や技術には様々な種類がありますが、ご自身では気づかないそれぞれの治療におけるメリットやリスクも、複数の医院による様々な角度からのアドバイスを受けることができます。

0〜0/全0件

該当する医院がありません

群馬県の矯正歯科や歯科医療における特徴

子どもの虫歯は減っており、高齢者では入れ歯のない人が多いです。予防歯科が広く浸透したことが功を奏したと考えられます。しかし、歯周病に罹っている高齢者は増加していて、求められる歯科医療の傾向が変わりつつあります。 それから、歯科医師の数は多いと言われ続けているものの、それに反して人口は減少中です。歯科医療だけでなく、求められる歯科医師の数も変わってくるかもしれません。このような現状がありますが、群馬県においてはどうなのか見ていきましょう。

群馬県における歯科診療所数

群馬県には977箇所の歯科診療所があり、約3分の1の診療所が矯正歯科も手がけているか、専門の診療所となっています(出典:厚生労働省)。群馬県の人口は約195万人であり、同じくらいの人口を有する福島県よりも歯科診療所数は若干多く、岡山県や栃木県よりは若干少ないです。 それから、県内に勤めている歯科医師数は1,420人、人口10万人当たりに対して、72.2人の歯科医師がいることになります。これは全国平均とほぼ同じ割合です。この内、市に勤務している者は1,293人、町村に勤務している者は116人です。特に前橋市や高崎市など、人口が集まる市に勤務者が集中しています。 医師の年代別で見ると55~59歳が最も多く、これに次ぐのは60~64歳、45~49歳の年代です。歯科医師過剰問題が1980年代から言われ続けていますが、25~29歳の歯科医師は55~59歳の年代の3分の1を下回っており、若手の不足を懸念する声も挙がっています(出典:群馬県統計情報提供システム)。

群馬県に隣接する大学、歯科大学の病院・医療センターについて

群馬県に立地する大学病院は群馬大学医学部付属病院のみで、歯科口腔・顎顔面外科が設置されています。この診療科で診る主な疾患は口腔腫瘍や嚢胞、顎変形症などです。 日本口腔外科学会専門医及び指導医、日本顎顔面補綴学会認定医などの認定を受けている教授が診療科長を勤めており、日本がん治療認定医機構暫定教育医及び認定医や日本レーザー歯学会認定医なども在籍しているので、一般的な歯科診療所では難しい症例も診られます。 それから、県内には群馬県地域医療支援センターがあり、歯科医師のキャリア形成や歯科医師不足病院への支援などを行っています。地域医療への理解を進め、人材を確保するために、医学生を対象に地域医療体験セミナーなどを実施中です。 群馬県に隣接する埼玉県には、明海大学歯学部付属明海大学病院や埼玉医科大学病院があります。また、明海大学はPDI埼玉歯科診療所と他2箇所の診療所を設けています。明海大学歯学部付属明海大学病院に設置されている診療科は歯科専門外来で、埼玉医科大学病院の診療科は歯科・口腔外科です。

群馬県の歯科医療における地域包括ケアシステムや医療連携について

群馬県では地域包括ケアシステムを推進するために、様々な取り組みを行っています。歯科医療では、歯科医師に対して認知症対応力向上研修を実施中です。 訪問診療を行うに適すると厚生労働省に認められた在宅療養支援歯科診療所数は、県内に86箇所ありますが、その数は全国平均を下回っており、増やすことが課題となっています(出典:地域医療情報システム)。群馬県保険医協会では、施設基準に関する研修の要件を満たせる講習を行うなどして、支援中です。 それから、高崎市歯科医師会では在宅寝たきり老人訪問口腔衛生指導や訪問診療を行う他、在宅歯科診療ができる診療所のマップを作り、配布するといった活動を行っています。 群馬県歯科医師会でも地域包括ケア推進を急いでいますが、それには多職種協働が大切だと考え、そのきっかけ作りとして平成30年2月に平成29年度群馬県歯科医師会多職種シンポジウムが行われました。群馬県医師会や薬剤師会、看護協会など、様々な団体による講演が行われた後、パネルディスカッションや質疑応答が実施されました。