矯正治療いつ始めるのがベスト? 開始時期は乳歯列期or永久歯列期

矯正治療に関する見解は歯科医師によって考え方の違いがあり、「医院ごとに治療方針が異なるために開始時期の提案が異なる」といったことが多々起こります。 とはいえ、患者側からすれば「一体いつから始めればいいの?」と迷ってしまいますよね。 矯正治療を受ける際にベストな開始時期を決定するためにも、ぜひ参考にご覧いただければと思います。

2019/01/22

基礎知識

シェアする

矯正治療の開始時期が統一されていないのはなぜ?

同じ「歯列矯正」なのに、なぜこのように治療の開始時期の提案は歯科医師によって異なるのでしょうか?これは、見解として矯正の開始時期が早ければ早い方がよいと考えられる先生と、大人の歯に生え揃ってから開始するほうがよいと考えられる先生がいらっしゃるために起こります。

できるだけ早く始めた方がよい

まだ乳歯列、もしくは乳歯と永久歯が混在している成長期に矯正を開始したほうがよいと勧める先生は、お子さんの著しい成長を利用しながら歯並びを誘導することのメリットを重要視されています。矯正時期も1期と2期に分けておこなう場合や、1期治療で顎の成長が十分に誘導できた場合は、歯を並べる必要が無くなるため2期をおこなわなくてもよくなる患者さんもいらっしゃいます。

永久歯になるのを待つ

永久歯列が完成したころに矯正治療を開始することを勧める先生は、早い時期から矯正具を装着し長期的に治療を行うことの負担の大きさや、成長を強制的に誘導すること自体へのデメリットを考慮して永久歯へ交換するまで待つという提案をされます。幼いころから矯正具を付けているお口の中は虫歯や歯周病のリスクも高く、本人の頑張るモチベーションを保つことも難しいためです。

主に提案される「矯正開始時期」は3つ

治療開始時期の提案が多々あると言っても、大抵、大きく分けて3つのパターンに分類されます。まず最初に乳歯列の時期から始めるパターン、次に乳歯と永久歯が混在する時期から始めるパターン、そして永久歯が生え揃ってしまってから始めるパターンの3つです。

1:乳歯列の時期から始める

永久歯が正常に並ぶかどうかは、乳歯列の時期の歯並びや顎の成長具合でおおよその予測が立ちます。乳歯列期の時点で永久歯が不正咬合になるであろうと考えられる場合は、子どもの成長を利用しながら正しい顎の成長と歯並びに誘導するための方法をおこなっておけば、永久歯が正しく並ぶ確立が高くなるという考え方です。

拡大装置で顎の成長をコントロールします

顎の成長は生後すぐから始まり、前後と左右にバランスよく丸いアーチ状に成長することが理想です。しかしバランスよく成長できないために永久歯が並ぶスペースが確保できずに凸凹に並ぶことや、歯列のバランスが悪く出っ歯や受け口など骨格の歪みによる不正歯列も起こります。そこで、乳歯列の時期から顎を広げる拡大装置を装着し、お子さんのあごの成長を促す方法です。

デメリットは永久歯が必ず正しく並ぶとは限らないこと

顎の拡大が上手くいけば、確かにブラケットやワイヤーを装着しなくても済む割合は高くなります。しかし、確実に綺麗に並ぶという保証ができるものではありません。せっかく治療したのに、永久歯は思ったように綺麗に並ばなかったというケースもあります。あくまでも「骨格的な不正咬合にならないようにするため」や「顎の成長を正常に保つため」ということを前提に治療を開始されることをおすすめします。

2:乳歯と永久歯の混合期から始める

乳歯と永久歯の混合歯列期は筋肉や骨が成長を続けている時期でもあります。この時期にすでに生えている永久歯を正しい位置に動かしながら、これから生えてくる永久歯が正しい位置に生えるようにスペースを確保していくこと。また、成長時期に抜歯や歯の移動をおこなったほうが、新しい噛み合わせに柔軟に対応できる時期であることからこの時期を勧めるのです。

1期と2期の治療期間に分かれておこないます

この方法の場合、混合歯列期の矯正後、最終的に顎の成長が完了して永久歯が生え揃った時点で正しい噛み合わせを作る矯正を開始することになります。(1期と2期)一旦拡大装置などの矯正具は終了しますが、時期を見てブラケットとワイヤー等を装着し、歯並びを整えていくという方法です。そのためトータルして治療期間はどうしても長くなってしまいます。

長期的治療によるデメリットも考慮が必要です

お子さんの歯の交換期といえば、6歳~12歳頃。この時期は矯正をしていなくても虫歯や歯周病が増えやすくなる年齢層です。まだまだ自分で歯みがきを丁寧に行うことは難しいため、矯正中であればなおのこと虫歯や歯周病になりやすくなるため、せっかく歯並びが綺麗でも、歯や歯茎がボロボロでは本末転倒となってしまいます。また、お子さんも矯正をすることの意味を理解できないことが多く、治療への協力が難しいケースもあります。

3:永久歯列になってから始める

この方法は比較的以前から行われているもので、最終的に永久歯の歯並びを整えるのだから、永久歯が生え揃い顎の成長が完了する時期を待ってから歯列を整えるという方法です。完成した歯列に対してどうアプローチしながら永久歯を並べるかという方法ですから、治療期間は乳歯がある頃から始めるよりも短く済み、患者の負担も軽減されるという考えによる提案です。

顎の成長を利用することや噛むためのシステムを変える必要がない

本来生えるはずであった位置に歯を並べていくことや、歯を並べるにあたり骨格の調整が必要であるかなどを判断して治療計画を立てます。歯の表面にブラケットとワイヤーを装着して歯並びを整える方法や、比較的軽い乱れであればマウスピースタイプの矯正で整える方法等があります。

全て永久歯であることのデメリット

顎の成長を促すことができないため、現状にスペースが足りない場合は奥歯を抜歯してスペースを確保する方法がとられることもあります。この場合、健康な歯を上下左右4本失うことになります。また、成長期に比べると歯が動くペースは遅め。そして後戻りもしやすいため、動いた後の管理も重要になります。

まとめ

3つの方法どれをとっても、それぞれにメリット・デメリットがあります。治療に当たる歯科医師の考えと得意な方法で歯科医院の治療方針が決まりますし、患者側がどう望むか、治療を継続することができるか等、年齢や生活環境も含めてどの時期・どの方法がベストであるかを自身で選択しましょう。ご自身が信頼でき安心して治療を受けることができる歯科医院を十分検討し選択することをお勧めします。

お住まいの地域で小児矯正のプロフェッショナルを探す ▶